バイオマス発電とは何か

バイオマス発電というのを聞いたことはあるでしょうか。
脂を取る目的に特化した植物を栽培することで、それを燃料として燃やしてタービンを回すことで発電することです。タービンとは風車みたいなもので、燃料で起こした風でタービンを回すことにより電気を生みます。
今までの発電は石炭や石油といった限られた資源の化石燃料が主流でしたが、
バイオマスでは持続可能な燃料ということで一躍有名になりました。

ただ同時に様々な問題も抱えています。
一つ目は膨大な植物を必要とすること。栽培するには長い年月の他に広大な土地が必要です。
電気の需要を見込むのが都会でありながら、都会の周辺に新しく発電所を作れるような土地はありません。
となると地方で栽培となりますが、電気は送電する時にロスしてしまう量が多いので、
利用場所と発電所の距離が離れるほど効果が短くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>