からだにやさしい天然素材

「からだにやさしい天然素材」というキャッチコピーが書かれたお菓子カタログが気になりました。
天然素材の対義語は養殖とか栽培した物だと思います。
なるほど確かに養殖した物よりは、天然物は栄養も豊富でからだにやさしそうな気がしますね。

そこでカタログを読んで見たんですが、天然素材をシロップに漬けたりチョコでコーティングしたものが大半でした。
つまり素材は天然だけど加工はものすごく甘い味付けをしているというわけです。
具体的な素材としては色々ありましたが、ぶどう、トマト、ブルーベリー等、果実が大半です。
個人的には「甘い加工をした天然素材」よりも「ほとんど加工していない養殖素材」の方がからだに良さそうだと思いましたね。

本当においしい物はほとんど加工を必要としないので、
加工で味付けをしないといけない=それほどおいしい物ではない
と考えてしまいました。消費者自身で「何がからだにやさしいのか?」というのを考える必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>