実際に確認するのが大事

特に米に限った話ではないのですが、肥料や農薬といった人工物を与えることにより農作物の商品価値が上がります。
見た目、大きさ、形、ツヤ、味など挙げればキリがありませんが、
何もしない農作物と比較しても手間と金をかけた以上の見返りを得ることができます。
だから出荷する農作物は農薬をたっぷり使った物を。自分達で消費する分については農薬を抑えた物を使うわけですね。

購入する消費者には全く見えないので、実際は生産者のやりたい放題というのが実状です。
勿論、中にはきちんと色んな情報を公開したり親身に対応している専業農家の方もいるかとは思いますが。
そういう意味で、たくさんある業者の中から消費者が利用したいと思えるところと契約するべきと感じました。

田舎が作っているから安心とか、顔写真が載っているから安全とかではなく
実際に足を運んで現場を見るという積極性が大切なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>