自然エネルギーの実情

太陽光を始めとして風力、地熱、波力等の発電についてはよくメディアで取り上げられていますね。
逆に言えば取り上げられるだけ珍しいということです。
珍しいということは設置個所も少なければ総発電量も少なく今は試験運用の段階といっていいでしょう。
技術や努力そのものを否定するつもりはありませんが、現状のレベルで原発の代わりになるとは言えません。

火力は石油の輸出国のご機嫌次第。水力はこれ以上の建設は見込めない。他の発電は試験運用中。
となると消去法で原発を使い続けるしかありません。
その現実を見ようとしないで政治家の一部は住民受けを良くするために原発反対、原発廃止を唱えているわけですね。
自分としては太陽光と始めとした、新しい発電方法が実用レベルに達するまでは原発に頼らざるを得ないというのが現実的かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>