自治体は迷惑施設がお好き

自治体は実のところ迷惑施設を建設したがっています。さすがに大多数の反対が予想されるような都市や
地方でも中規模までの地域なら施設を招致したりはしません。
ですが村のように住民が少ないから税収があまり期待できず、住民が少ないということは反対する人も少ないということで
小規模や高齢化の進んでいる自治体はむしろ迷惑施設の建設には前向きだったりします。

東京電力の原発で放射能が漏れた事故については、原発周辺に住むことは危険ということを承知して住民は住んでいました。
高額な補助金を受け取る代わりにですね。
当時は東京電力の安全神話が信じられていまいたが、いざ事故が起きてみたら管理がずさんの一言。
今まで何事もなく運転できていたのは単に運が良かったから、という他ありません。
むしろ地震大国の日本で今までよく無事だったと不思議に思うほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>