長寿は本当に幸せなことなのか

健康な身体というのは誰でも欲しいものですが、健康を維持し続けるのは本当に難しいですね。
ここで気になるのは長寿が総合的な意味で素晴らしいかどうかということです。
ほとんどの人は「長寿は良いことだ」と判断すると思いますが、その人の状態にもよるのではないでしょうか。

歳を重ねるごとに能力は減少する一方で最終的には自立が困難になります。そこで支えなければいけないのはその子供達です。
その子供達もずっと家にいるならいいのですが、例えば介護が必要な人が80歳とすれば子供達は50歳を超えているでしょう。
となると仕事と介護を両立させながら生活をするか、介護施設に入ってもらうかの二択となります。

前者については相当な体力と精神力が必要ですし、後者は莫大な費用がかかります。
それらを賄えるほどの体力や財力が子供達にあるならともかく、ほとんどの家庭は達成することが困難かと思います。
そこで重要なのは本人の努力次第で、介護される状態になる時間を遅らせることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>