本音と建て前

さて、体験者が汗水たらして手植えした田んぼはどうなると思いますか?
自分が専業農家で、且つ体験ツアーがその場限りだった場合、機械で土を掘り起こして植えた苗と土をぐちゃぐちゃに混ぜて
上から新しく機械で植え直すと思います。
これを聞いて非情だと思われるかもしれませんが、ビジネスとして効率を取るのは当然というのが自分の考えです。

何故かというと手で植えたものを機械で刈り取るのは困難だからです。ベテランならともかく、素人がきちんと植えられるわけがありません。
特に農業用機械は繊細で、ちょっとしたことで動きを止めてしまいます。
刈取りの安定性を考えれば多少の時間をかけてでも植え直した方が、結果的に時間も早くロスも少なく終わらせることができます。

手で植えた場所は手で刈り取るという考え方もあり、稲刈り体験ツアーとしてそれも人気ですね。
勿論、機械で全ての部分を刈れるわけではないので機械が入りにくい部分は自分も刈りますけど、とても重労働なんです。
それに機械で刈れば自動的に一定量の稲をヒモで束ねてくれますが、手で刈ったら人間が束ねなければいけません。
束ねること自体の労力はたいしたものではないものの、機械に任せることができる部分は任せた方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>