触診で違和感を見つける

仕事で休憩をしている時に手の平を揉むようにマッサージしているのですが、薬指と手首のちょうど中間あたりに違和感を感じるようになりました。
何となく周辺を揉んだところ、激痛とまではいかないもののツボ特有の「痛気持ちいい」という状態に。
基本的にツボでこのようなことがあるということは何らかの異常がある場合が多いので、調べてみたら肝臓でした。

ただし自分はお酒を全然飲まないので不思議に思っていたんですけど、肝臓はアルコールを分解する以外にも色々と役割があるみたいですね。
アルコールの分解だけでなく脂肪からエネルギーを変換したり、血液を浄化して送り出す役割もあるようです。
最近は食生活がいい加減になってきたのも自覚していたので、もしかすると肝臓に何らかの負担がかかっているのでは?と考えるようになりました。
仕事で休憩できない時は栄養ドリンクで眠気を飛ばしていたため、それが大きいかと考えています。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていて、何らかの病気にかかっても末期になるまで自覚症状がほとんどないようです。
なので自覚症状がないまま進行していって、倒れて病院に担ぎ込まれたら手遅れだったということが多いみたいですね。

料理に対する基本的な考え方

料理は基本的に「肉」「野菜」「調味料」を組み合わせれば、よほど変なことをしない限り失敗せずバランスのとれた味になります。
我が家はプロパンガスなのでガスを使うと割高になってしまうため、電子レンジをメインにしています。
白菜を一口サイズにちぎったら、ひたひたになるまで水を入れ冷凍ハンバーグと一緒に耐熱ガラスの器でチン。

その間に長ネギとニンニクの芽を小口切りにしてエリンギを細かく裂いて、先ほどチンした器に入れます。
さらに数分ほど加熱して野菜が軟らかくなったら、コンソメスープの素を加えて塩コショウで味を調えて完成。
冷凍ハンバーグは安物だとまずいので、業務スーパー等で良質なものを購入するだけで味がだいぶ違いますね。

コーンスープは普通お湯で作るのですが、自分はコクを出すために牛乳で作っています。
これだけでもおいしいんですけど、カボチャを加えてパンプキンスープにするのが最近のお気に入りですね。
カボチャを薄切りにして少量の水を加え、数分チンしてふかします。
後は牛乳を入れてチンしてホットミルクにしたところに、コーンスープの素を加えてよくかき混ぜればパンプキンスープに。