健康寿命について

健康寿命というものがあります。
寿命は生きてから死ぬまでの期間を指しますが、健康寿命は健康に過ごせる年齢という意味です。
男女により多少の差は出るものの、平均で70歳を多少超えるぐらいが現在の健康寿命の平均みたいですね。
そして女性の方が約5歳ほど多いようです。

健康寿命に対するとらえ方は人それぞれとしても、個人的には特に大きな病気をせずなるべく苦しまずに最期を迎えたいです。
寿命が長い方が好きという人もいれば、短くても問題ないという人もいるとしても
病気で苦しみながら死を迎えたいという人はほぼ皆無だと思っています。

長生きをするのに不可欠なのは第一に健康であることなので、健康に対する意識の高さと実践に移す行動力は勿論ですし
健康を維持するのに必要なお金も大事だと思います。
例えば致死率の高い病気に対しては保険だけ加入して済ませるのではなく、早期発見・早期治療が重要ですからね。

からだにやさしい天然素材

「からだにやさしい天然素材」というキャッチコピーが書かれたお菓子カタログが気になりました。
天然素材の対義語は養殖とか栽培した物だと思います。
なるほど確かに養殖した物よりは、天然物は栄養も豊富でからだにやさしそうな気がしますね。

そこでカタログを読んで見たんですが、天然素材をシロップに漬けたりチョコでコーティングしたものが大半でした。
つまり素材は天然だけど加工はものすごく甘い味付けをしているというわけです。
具体的な素材としては色々ありましたが、ぶどう、トマト、ブルーベリー等、果実が大半です。
個人的には「甘い加工をした天然素材」よりも「ほとんど加工していない養殖素材」の方がからだに良さそうだと思いましたね。

本当においしい物はほとんど加工を必要としないので、
加工で味付けをしないといけない=それほどおいしい物ではない
と考えてしまいました。消費者自身で「何がからだにやさしいのか?」というのを考える必要がありそうです。