栄養ドリンクは、ここぞという時に

ところが栄養ドリンクには特に糖分が多く含まれているだけでなく、色んな成分が含まれているため過剰摂取は危険です。
外国では短時間に10本近く飲んだ人が死んだというニュースがありました。

ただ自分としては「たくさん飲むと死ぬから栄養ドリンクは危険」という判断は早計だと思いますね。
銀杏の実は10コ以下でも中毒になるという事例もあり、薬の調合品である栄養ドリンクを過剰摂取すれば死ぬのは当たり前です。
そもそも1日1本までと使用上の注意に記載されているのにそれを無視した時点でおかしいです。
どんなに安全な食べ物や飲み物でもたくさん食べてしまえば体を壊してしまうのは共通ですからね。

それで栄養ドリンクの話に戻すと、眠気を覚ます効果のあるカフェインのおかげで眠気を吹き飛ばす効果が見込めます。
本来は睡眠で眠気を回復させるのが一番ですが、仕事等で寝れない時は栄養ドリンクで一時しのぎとして使うのもありだと思います。
ただ利用が習慣化してしまうと危険ですから、ここぞという時に使うようにしたいですね。

活性化する栄養ドリンク市場

屈強な男二人がロッククライミングしている時に相方が転落しそうになってしまう。
見事に危機を脱してから栄養ドリンクを飲むというコマーシャルでおなじみですね。

各メーカーから様々な味や種類が発売されていて、なかなか栄養ドリンク市場も賑わいを見せています。
そしてここ最近はエナジードリンクという、栄養ドリンクに近い成分を配合した清涼飲料水も登場してきました。

栄養ドリンクとエナジードリンクにはカフェインが含まれていて、これで身体を錯覚化させ疲れが取れたと感じる状態になります。
実際に自分も仕事中に山場を乗り切りたい時や眠い時に、即効性のある眠気覚ましとして利用しています。
その日の体調にもよりますが自分の体感としては大体3~6時間ほど眠気が吹き飛んだ状態が持続しますね。

今まで10種類前後を試しましたが中には頭痛がしたり具合が悪くなるのもあったので色々と試してみるといいかもです。
ただ明らかな安物は自分に合わない物が多かったので、やはりある程度の値段のする物の方が効果は見込めそうです。